ロゴ
MENU

ニュース 商品紹介 サービス紹介 会社案内 その他の商品 個人向け商品 参考資料 お問合せ




   今まで弊社は法人様専門に盗聴調査を実施してまいりましたが、多くのご要望をいただき、この度初めて一般ご家庭向けの盗聴調査を開始させていただくことになりました。法人調査で培った技術と経験を元に一般の方が被害に遭う可能性の高い市販盗聴器にターゲットを絞りできるだけリーズナブルにご提供させていただきます。
 ご利用方法  お電話(03-5288-5173)又はこちらよりご連絡ください。その際、以下の内容をお教えください。

  1.調査場所の間取り(1K、2DK等)
  2.ご住所
  3.お名前
  4.連絡先お電話番号
  5.調査ご希望日時

 お電話口、又はメールにて日程可否、調査料金、お振込口座をご連絡させていただきます。
 ご確認、ご了解いただける場合には、調査実施2日前までにお振込をお願いいたします。

 当日お約束の時間にお伺いいたします。
 盗聴器が発見された場合の対処方法につきましてはその場でアドバイスさせていただきます。
 調査終了後、報告書をお渡しいたします。その際、ご質問やご不安な点等ございましたら、ご遠慮なく調査員にご質問ください。
 対応エリア  当面、東京23区内のみとさせていただきます。
 調査内容  市販無線式盗聴器調査、未知周波数の盗聴器調査のための電界強度調査
 調査料金  1ルーム 10000円 、以降1部屋増える毎に5000円となります。(税別)
*調査実施に伴いまして、盗聴器の有無にかかわらず調査費用は発生いたしますので予めご了承ください。





一般の方向けに弊社で性能を確認した使いやすくリーズナブルな機材をご紹介しております。
個人の方から探偵社様、これから社内で盗聴探査をスタートする法人様にご使用いただける機材を厳選いたしました。
これらの商品はすべて
メルクYahoo!ショップよりご購入いただけます。

  1.盗聴器発見器


 バグチェイサーEX      

 バグチェイサーEXはスキャンモードとディテクトモードの2種類の盗聴発見機能を備えた最新鋭の盗聴発見器です。生産終了したバグチェイサープラスと同形状のデザインは小型軽量で手に馴染みどなたでも確実な盗聴器の探査ができます。

特長
●スキャンモード
 電波を受信すると本体から識別音を発信し、もしも盗聴器が存在する場合にはその識別音を含む電波が盗聴器から発信されます。これを本体が受信した場合、自動的に音声モードに切り替わり、スピーカーから受信した室内音声を聞くことができます。その後はハウリングを利用して盗聴器の位置を特定します。
●ディテクトモード
 室内に存在する電波の発信源を探し出す機能です。信号強度表示LEDの点滅数とスピーカーが発する警告音の変化から電波の飛来する方向を特定、徐々に感度を調整しながら発信源までの距離を狭めていきます。このモードを使用する場合、室内全体を撫ぜる様に本体を動かし移動しながら音とLEDの変化を確認していく方法が有効です。

●主な仕様
商品名    バグチェイサーEX
製品詳細   デュアルモード搭載盗聴発見器
モード    スキャンモード/ディテクトモード
受信周波数  50〜2000MHz(市販されている盗聴器の周波数帯で最大の感度としているため1000MH以上は感度が低下します)
スキャン時間 12〜15秒程度(電波環境により変化します)
音声モニタ  有り
外形寸法   65×32×116mm/アンテナφ14.5×155〜615mm
重さ    本体:201g(単三電池含む)/アンテナ:35g 
保証6ケ月 日本製

プロの目本器はメーカー生産終了となったバグチェイサーの後継機種の位置づけですが、どちらかというとこちらも生産終了となったバグスポッターの機能に電界強度計をドッキングしたような発見器ですので2種類のモードはそれぞれ独立しており、性能を確認しながら使い分ける調査ができます。

  2.盗撮発見器

 SCH-70 光学式盗撮カメラ発見器

 SCH-70はカメラに向け照射したLED光をカメラのレンズが反射し同期する現象を利用したスパイカメラの発見器です。巧妙にカムフラージュされ秘匿されたスパイカメラであってもレンズ部までを隠すわけにはいきません。どんなに小さなレンズ部でも本機が照射したLED光が暴き出します。反応の様は本機ファインダー越しに輝点として確実に捉えることができます。
さらに、20MHz〜6GHzの周波数帯における無線波の受信機能を備えています。設置されたスパイカメラが電波式か否かの判別を可能にするばかりでなく電波式であった場合盗聴機を発見する要領で特定することができます。無反応の場合有線ケーブルにて設置されたスパイカメラということになります。慣れればこれ一台で盗聴/盗撮どちらの発見にも使用できるようになります。

プロの目LEDを点滅させて裏側から覗くだけで無線/有線関係なく部屋に仕掛けられている盗撮カメラのレンズを発見できますので、初心者にも簡単に扱えます。また、電波探知機能も付いていますので本体のバーグラフを見ながら無線式盗聴盗撮器も発見できます。小型軽量でこれだけできれば価格も安いですし性別問わず使える費用対効果の高い商品だと思います。


  3.盗聴妨害器

 TBX-1000S

スピーカーからのジャマーノイズ音と隣室との壁面に本体から発生させる振動(バイブレーション)を伝える方式の2種類を搭載した盗聴妨害機です。
一般的な盗聴機と隣室からの直接的な盗み聞きを妨害します。小型で軽量のデザインは、どこにでも携行可能で、盗聴など気になる場面で活躍します。

モード   ノイズジェネレーターモード/バイブレーションモード
電池寿命  @ノイズジェネレーターモード使用時:4.5時間
      Aバイブレーションモード使用時:1.5時間)
外形寸法  105(120)×61×28mm(ツマミ含む)
重さ   152g

プロの目この商品は盗聴されても良いようにTVのホワイトノイズのような音を出し、盗聴者が会話を聞き取りにくくする機能と壁面にバイブレーションを伝える機能の2種類の機能を持っています。以前の製品にバイブレーション機能が追加されています。実際に試してみた感じとしては盗聴器の近くで本器を鳴らしていると会話はまったく聞こえなくなります。逆に会話をしている近くで鳴らして、盗聴器は離れた所にある場合には本器の音量を上げなければ会話は聞こえてしまうようでした。ですから、本器はどこにあるかわからない無線式の盗聴器に対してよりも隣の部屋からコンクリートマイクなどで聞かれているというケースに効果を発揮するのではないかと思います。



【news】 【goods】 【service】 【about us】 【etc.】 【personal】 【morgue】 【contact】




    サイトマップ 個人情報保護方針サイトポリシー特定商取引法に関する表示           Copyright (C) 1999 Melc Co., Ltd. All Rights Reserved.